and everything

日々の暮らしの気になるをクリアに

病気

公園での熱中症対策と幼児の飲み物は?症状と対処法もご紹介

投稿日:

熱中症とは体内に熱がたまって体に異変が起きることです。幼児は特に熱中症にかかりやすいので注意が必要です。
公園の砂遊びが大好きな子どもは夢中になりすぎてのどが渇いても教えてくれません。
熱中症の症状や公園での対策法、持っていく飲み物は何がいいかここでしっかり確認しましょう。

公園での熱中症対策は?

高温の場所にいると体温が上がって汗をかき、体の水分が失われ、脱水症状になったり、意識がもうろうとして熱中症の症状が出ます。
幼児は体温調節機能が未熟で、重症になりがちです。喉が渇いていることや体の異変をうまく伝えられないので大人が注意してあげることが大切です。

  • 服装
    汗を発散して体温調節が出来るように、吸汗性、通気性のよい素材の服を着せましょう。
    綿素材のTシャツや肌気がよいです。
  • 帽子をかぶる
    帽子をかぶって直射日光を避けましょう。また、日陰をなるべく歩くようにしましょう。
    首の後ろを紫外線から守ってくれる日よけ付きの帽子がおすすめです。
  • 飲み物を持っていく
    水筒などに飲み物を入れて持ち歩きましょう。こまめに水分補給をしましょう。
  • 冷却グッズ
    首につけると首元を冷やしてくれるスカーフなどは、体温を下げる効果があるので利用しましょう。
    水で濡らして絞ったタオルで体を拭いてあげるのも良いです。
  • 休憩をする
    アスファルトや砂の上は高温になりやすい場所です。こまめに休憩をとり、長時間いないようにしましょう。
    背の低い子供は、地表温度の影響を強く受けます。

気温が30℃以上の時は室内で過ごすのが良いです。
公園でたっぷり遊んで帰宅した後は、飲まず食わずで寝てしまうこともあります。脱水症を避けるためにも寝てしまう前に必ず水など飲ませるようにしましょう。
起きたときにも水分補給をするようにしてくださいね。

ぐったりしているのを寝ていると勘違いしないように子供の体調に気を配ってください。
今日はあまり水分補給してないなと思ったら起こしてでも水分を取らせましょう。

幼児が熱中症にならないための飲み物は?

公園に持っていく飲み物は水や麦茶より塩分や糖分を効率よく補給できるスポーツドリンクの方がよいのでは?と思いますよね。
ですが、スポーツドリンクには糖分がたくさん含まれているため子どもには糖分を取りすぎてしまう危険性があります。

幼児には水や麦茶で十分です。こまめに水分補給をしましょう。
塩分が心配なら、海苔巻きおにぎりやおせんべいなど塩分のある食べ物を一緒に持っていくとよいです。
その他に、体調不良や寝不足だと熱中症になりやすいです。生活リズムを整え、朝ご飯をしっかり食べさせてあげましょう。
朝ごはんに、味噌汁やすまし汁を飲むのもいいですよ。
食事の時に工夫して塩分が取れるようにしてくださいね。

子どもの水分量は?
子どもの水分量の目安は、体重1㎏あたり100~150mlです。体重が10㎏の子だと、1日1ℓくらいの水分が必要になります。
この水分量には、水分補給でとる水分と食事でとる水分も含まれています。

子どもは遊びに夢中になると、のどが渇いていても遊び続けます。子どもに声掛けをして水分補給するように気を付けてあげてくださいね。
一度に大量に飲ませても余分な水分は排出されてしまいます。こまめな水分補給がポイントです。

幼児が熱中症になった時の症状

<軽度>
元気がない
ぼーっとしていてあまり動かない
話さなくなる
水を欲しがる

<中度>
ぐったりしている
尿の量が少ない
嘔吐する

<重度>
飲み物を吐いてしまい飲めない
皮膚など唇がカサカサになる
意識がなく動かない
けいれんを起こす
高熱が出る

熱中症が軽度であれば涼しい日陰に連れて行き、水分を少量ずつ与えてください。水で濡らしたタオルを頭や体に当てて体温を下げましょう。
首の付け根、わきの下、足の付け根を冷やすと体温が早く下がります。
家に帰ってからもしっかり様子を見てあげてください。
中度の場合は病院に行って治療を受けてください。
熱中症が重度かどうかの見分け方は、自分で水分をとれるかどうかです。水分をとれない状態であればすぐに病院で受診してください。

まとめ

幼児は熱中症になりやすいです。親が子どもの体調や機嫌を十分に注意して見てあげることが大切です。

-病気
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

夏風邪をひきやすい子供の予防法と食事 ひきやすい原因はなに?

夏休みには家族で旅行を予定している方も多いのではないでしょうか? しかし、この時期に心配なのが夏風邪です。 夏風邪は「長引く」とか「こじらせるとやっかい」とよく言われていますよね。 せっかくの夏休みに …

子供の夏風邪で高熱が長引く理由と対処法 解熱剤のタイミングは?

  子供が発熱し病院では「夏風邪」と診断されたけど、なかなか治らない! 風邪ってこんなに長引くものだっけ?しかも高熱で子供が苦しそう(>_<) 親としてはどうにかしてあげたいです …

台風が近づくと頭痛がする原因は低気圧?対処法もご紹介します

  台風が近づくと頭痛やめまい、立ちくらみ、やる気がなくなるなど体調不良になる人は多いです。 雨が降る時や季節の変わり目にも体調を崩しやすくなりますが、台風の前は特別にひどい頭痛に悩まされ食 …

夏に食欲が落ちる原因は何?簡単に作れるレシピを紹介

  暑くて食欲がない... 夏になると食欲が落ちる人は多いです。 お腹が減っても食欲がなく、水分だけになってしまう。 ごはんを食べないといけないのは分かっているけど、なかなか食が進まない。 …

最近のコメント

    お問い合わせ

    お問い合わせはこちら