and everything

日々の暮らしの気になるをクリアに

育児

子供乗せ自転車の安全な雨対策とレインカバーのおすすめを紹介

投稿日:

雨の日の送り迎えほど憂鬱なものはないですよね。
子供乗せ自転車での子どももママも塗れず安全に運転ができるスタイルをご紹介します。

子供乗せ自転車の安全な雨対策

雨の日は地面が滑りやすくなっているので保育園への送迎は徒歩が好ましいです。ですが、園が遠かったり激しい雨や雪の時は最終手段としてタクシーを使用するのも手ですね。

タクシーも毎回はキツイので子供乗せ自転車でママと子どもの雨対策を見ていきましょう。

【ママのスタイル】

  • レインコート
    レインコートはひざ下までの自転車用。ズボンもあれば最強ですが脱ぐ場所がないと困ります。
    自転車用のレインコートは裾が長く濡れません。ネットで売っています。
    ポンチョは風にあおられてひざがびしょ濡れになるのであまりおすすめできません。
  • レインブーツ、
    なるべく丈の長いレインブーツがいいです。アウトドア用だと長めが多いですよ。
  • レインバイザー(雨用のサンバイザー)・レインハット
    レインコートのフードだけだと雨を防げないので顔が濡れます。
    レインハットはつば部分がクリアで広めなので顔に雨が当たりにくいです。
    雨が強い日は顔に雨が激しくあたるので化粧崩れが気になりますよね。見た目は置いといて、雨用のサンバイザーがいいです。クリアカバーで顔をすっぽりおおえるので視界もよく顔も濡れません。
  • かご用の雨カバー
    荷物が雨に濡れるのを防げます。仕事場や駐輪場に着いてから脱いだレインコートやレインバイザーをしまっておけます。
  • レインバッグカバーかゴミ袋
    園バッグなど荷物はレインバッグカバーかゴミ袋にすっぽり入れて対策。
    今はカバン用のレインカバーもあるんです。折りたたんでコンパクトになるのでエコバッグとしても使えます。
  • 予備のレインコート
    お迎えの時に雨が降った場合のために、緊急用として子供のレインコートの予備を準備しておくとよいです。100均で売っている子供用レインコートで十分です。
    保育園に置けたら置いておきましょう。
  • 折りたたみ傘
    自転車を降りてから雨の中を移動するときに傘がいるので折り畳み傘だとコンパクトで便利です。

【子ども編】

  • 長靴
    絞りがある長靴だと雨が入りにくくて良いです。
  • カッパ
    チャイルドシートにガバッと被せられるレインポンチョもあります。
  • チャイルドシート用レインカバー
    カッパを着させる手間がなくレインカバーだけでいいので楽ですね。

傘を差しながらの自転車の運転は道路交通法により禁止されています。罰則として5万円以下の罰金が科せられます。
子供乗せ自転車で子供を乗せて片手で傘は不安定で危ないです。いくら自転車の運転に自信があっても雨が降って視界も足元も悪い環境なので何があるか分かりません。

子供乗せ自転車のレインカバーのおすすめ

レインカバーはどれがいいのか悩みますよね。
子供乗せ自転車の各メーカーから「風防(ふうぼう)」というオプションが出ています。その自転車専用のカバーなのでサイズがぴったりです。
ですが、色やデザインがいまいちだったりします。使うなら機能やデザインが気に入ったものを購入したいですよね。
自転車用品専門の会社からいろいろなデザインのレインカバーが出ていますのでいくつかピックアップしました。

  • ハローエンジェル
    上部が子どもの頭にかぶさることもなく、快適に乗れます。前が開けられるので子どもの乗せ降ろしもラクにできます。カラーもピンクやグリーンとカラフルです。
  • レイコム
    後ろ用は窓が開かないので少し不便です。お値段はすこしお高いですが、カラーが可愛くて人気です。
  • OGK
    3歳児が乗ると狭いみたいで出入りするのも少し窮屈です。
    カバーの装着は簡単です。色はシンプルです。
  • ラキア
    使っている人が多いです。
    つけっぱなしができてオープンできます。アタッチメントもつけると頭が当たらずいいです。
    デザインは星柄やカモフラージュ柄
  • MARUTO
    カバーを使用しないときはヘッドレストの後ろにまとめておけます。
    後ろ用は足元がすぐ外れるみたいです。
    値段は安く、見た目もそれなりです。
  • リトルキディーズ
    レインカバーのなかで一番人気です。
    空間が広く、上部がクリアカバーなので視界もバッチリです。ヘッドレストがないチャイルドシートにも対応しています。ただ、取り外したときに畳んで置いておけないです。

使っているチャイルドシートに適合するか必ずチェックしてくださいね。

まとめ

雨の日は地面が濡れていてスリップしやすいので、スピードはいつもより落として周りをしっかり確認して運転しましょう。

-育児
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

子供乗せ自転車 夏の紫外線は日よけ便利グッズで暑さと日焼け対策

夏は暑いし日差しで焼けるし、外に出たくないけど子供を遊ばせるために頑張って公園に行っているお母さん。 毎日お疲れ様です! 遊び終わって「さあ帰ろう」というとき自転車のチャイルドシート熱くなっていません …

赤ちゃんのあせもは小児科?皮膚科?原因とホームケアで治す

赤ちゃん特有のムチムチした腕や足ってかわいいですよね。でも、夏になるとあせもになりやっかいなんです。 あせもはこまめにケアしてあげれば治るものです。あせもが出来る原因を知ってしっかりホームケアをしてあ …

赤ちゃんをビニールプールで遊ばせるのはいつから?時間や水温は?

  外に出るのも暑いし、家にいても暑い...(;´・ω・) 赤ちゃんをビニールプールで水遊びさせてあげたいけど、0歳ではまだ早いかな?時間帯はいつがいいのかな?など、初めてだと疑問がいろいろ …

子供のボタンかけの練習はいつから始めてパジャマでの教え方は?

うちの子はまだ自分でボタンをかけることが出来ないけど、そもそも何歳からボタンがかけられるようになるのか。 子供が1人でボタンのとめ外しが出来る年齢やボタンかけの練習を始める時期と教え方を見ていきましょ …

幼稚園の名前つけはどこまで書いて場所はどこ ペンとテプラは便利!

幼稚園の入園準備で悩むのが「名前つけ」。初めてのことなので持ち物のどこまで書けばいいのか、書く場所はどこがいいのか分からないですよね。 この記事では、名前つけはどこまで書くのか、記入する場所、名前つけ …

最近のコメント

    お問い合わせ

    お問い合わせはこちら