and everything

日々の暮らしの気になるをクリアに

育児

1歳の子共が海デビュー 持ち物と日焼け対策は?気をつけることなど

投稿日:

子供が1歳になり初めての海水浴に連れて行く方も多いのではないでしょうか?

日焼け止めはしっかり塗っていくけど、他にも日焼け対策はどうしたらいいのか、普段の持ち物以外に何を持って行けばいいのかあいまいな方はこの記事に書いてあることを参考にしてください。
また、海は楽しいところですが危険なこともいっぱいあります。海で気をつけることなども含めしっかりと確認しておきましょう。

スポンサーリンク

1歳の子供 海での持ち物と日焼け対策

子供が1歳になり海デビュー。海に行ってしまうと買い足しができない物もあります。せっかく行ったのに海で遊べないなんてことにならないように準備万端でいきましょう。

スポンサーリンク
  • 日焼け止め
    水につかると取れてしまうので、こまめに塗りなおす。忘れがちな耳にもちゃんと塗ってあげましょう。
  • 帽子
    帽子は首まで隠れるタイプのほうが日焼けと熱中症防止に良いです。
  • ラッシュガード
    日焼け止めクリームはすぐに落ちてしまうのでラッシュガードを着せてあげるといいです。
    楽天市場など通販サイトには1歳の子が着れるサイズや上下セットなど種類がたくさんあります。ラッシュガードは保温作用もあるので水に入る時も着せておいた方がいいです。
    日焼け防止のことを考えると長袖の方がいいですね。
  • TシャツやロンT
    あまり海や砂浜で遊ばせない予定であれば水着の上に普段来ているTシャツやロンTでもいいですね。
  • マリンシューズ・アクアシューズ
    サンダルはすぐに脱げたり砂が中に入ったりするのでマリンシューズがおすすめ。
    靴底は滑りにくくなっているので岩場などで転倒しにくいです。
    大人もマリンシューズの方が海に入る時も履いたまま入れるので脱ぎ履きの手間がなく子供を抱っこしたまま海に入れるのでラク。
    砂浜はかなり暑くなります。歩くと火傷の恐れがあるのでマリンシューズがあると安心です。また、割れた貝殻やガラスのかけらなど思わぬ危険物(ケガをしてしまうようなもの)が砂浜に埋もれていたりする場合があります。
  • 浮き輪・ライフジャケット
    万が一のためにライフジャケットがあると安心です。
  • 簡易テント・サンシェード
    ワンタッチタイプが簡単でいいです。今後も海やプールへ行くのであれば購入した方がいいと思います。海の家がないところやいっぱいだった場合のためにあるといいですね。
    UVカット対応のものもあります。
    パラソルは海は潮風があるので飛ぶ可能性があり、近くの人に当たる危険が。
  • 水遊び用オムツ
    水遊び用のオムツなら水にぬれても膨らまないので重くなりません。
  • クーラーボックス
    飲み物を凍らせて入れておくと暑い海でクールダウンできます。離乳食や子どもの飲み物も一緒に入れて持っていきましょう。
  • お砂場セット
    海を怖がって全く入れない子もいるので砂浜で遊べるものがあるといいです。
  • 冷却グッズ
    子供に付き添って砂遊びをしていると暑くなるので首に巻く冷却グッズがあるといいです。
  • バスタオル・ブランケット
    子供が寝てしまったときにかけてあげる。バスタオルを多めに持って行ってバスタオルで代用してもいいですね。
  • トラベルセット
    海の水は乾くとベトベトします。日焼け止めもしっかり流してあげましょう。
  • ウェットティッシュ
    何かと使うのであると便利です。
  • リュック
    両手があくので子どもを抱っこできます。

1歳児との海で気をつけることなど

海に行くときの心構えは、一瞬たりとも子どもから目を離さないこと。波打ち際でも波にさらわれて溺れる可能性も!
長時間は太陽に浴びないよう控えて日陰に入って休み、こまめに水分補給してあげてください。
子供は体が小さいので冷えるのが早いです。海に入り続けていると子供の体が冷たくなっていたなんてこともあるので注意が必要です。塗れたTシャツだと寒く感じるかもしれないので休憩する場合はシャツを変えてあげたり体をタオルで拭いてあげてください。
海から上がったあとは体が冷えるので帰りの着替えはロンTや長袖の上着を用意することをお勧めします。

岩場はすべりやすくゴツゴツしているので転倒しないように見てあげてくださいね。
子供のお昼寝のことも考えると、砂浜にサンシェードはけっこう暑いので海の家を借りた方がいいです。
そして、混雑するからと朝早くから行って夕方まで居るのは1歳の子には過酷すぎます。初めての海デビューの場合、滞在時間は短くしましょう。
夕方4~5時くらいになると日差しも弱く、海水もまだ温かいです。人も少なくて遊ばせやすいので夕方がねらい目です。

まとめ

海は上からの日差しだけではなく砂浜からの照り返しもあり、海では常に紫外線にさらされています。しっかり日焼け対策をして、常に子供を気にかけてあげてくださいね。

スポンサーリンク

-育児
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビニールプールの水と空気の抜き方!簡単に早く抜く方法を紹介

  子供がビニールプールで楽しそうに水遊びしてくれるのは嬉しいものです。暑いし毎日ビニールプールで遊ばせてあげたいけど後片付けって大変ですよね... 我が家のビニールプールは底に排水の穴がな …

イヤイヤ期はなぜ起こるのか 対応の仕方は?いつまで続くの?

スポンサーリンク 毎日起こるイヤイヤに可愛い我が子でもウンザリ。どうしたらいいのか困り果ててしまいますよね。 イヤイヤ期に悩んでいるママ達に少しでも余裕が持てるように子どものイヤイヤの理由や、対応の仕 …

チャイルドシートを嫌がるようになった1歳児 理由と対策法を紹介

スポンサーリンク   1歳ごろからチャイルドシートを嫌がって座らない子供は多いようです。私の子供は10か月を過ぎたころチャイルドシートを嫌がって座ってくれなくなりました。無理やり乗せてもずっ …

子供乗せ自転車の安全な雨対策とレインカバーのおすすめを紹介

雨の日の送り迎えほど憂鬱なものはないですよね。 子供乗せ自転車での子どももママも塗れず安全に運転ができるスタイルをご紹介します。 スポンサーリンク 関連

ストローマグはいつまで使うの?次はどんな水筒がいい?

スポンサーリンク 子供も大きくなりそろそろストローマグから水筒に変えた方がいいのか?ストローマグはいつまで使えるのか気になりますよね。 この記事ではストローマグから水筒への替え時、水筒の種類や特徴につ …

最近のコメント

    お問い合わせ

    お問い合わせはこちら